派遣社員と正社員の違いと働き方の比較

簡単に休む派遣同僚のおかげで

同じ派遣会社から、同じ職務で派遣された私と同僚Aは共に小さい子供を保育園に預けて働くワーキングマザー同士。「一人でも回せる程度の仕事量のポジションを二人体制にしてもらっているので、子育て中でも安心して働けますよ。」と派遣会社の営業担当者は言っていた。実際、派遣先企業は正社員・派遣社員問わず、育児中の社員に理解があり、とても働きやすかった。そんな職場に安心したのか、同僚Aは、子供や自分自身の体調不良を理由に頻繁に休む。確かに二人で分けるほどの仕事量ではない。だから休まれても、さほど困らない。しかし、私の子供の体調が下り坂の時はハラハラした。いくら職場に理解があるとはいえ、社員のサポートが滞らないように二人体制になっているわけで、二人同時に休むことは極力避けたい。そんな私の気持ちを知ってか知らずか、同僚Aはあまりにも気軽に休む。出勤していても、どうしても私に業務が偏る。こんなに仕事量が違うのに、同じお給料なんて、と徐々に不満が溜まっていった。派遣会社の営業に話しても、何の解決になるでもなく、自分自身が気持ちを切り替えるしかなかった。
 もともと大した仕事量ではない割にそれなりに時給を頂いていたし、予定があって休みたい時には彼女の休みと調整すれば休ませてもらえていたから、もう不満を持たないことにした。そして自分自身は極力迷惑かけずに働こうと心に決めて、自分自身や子供の体調管理に心を配りながら、職務を全うした。
 自分なりにきちんと責任を果たしたことで満足感を得たし、この時に体調や時間の管理能力を磨いたと思っている。